コンドロイチンと体の水分

コンドロイチンには水分を保持する効果があります。それは強力な保水力を持っていて、数リットルもの水分を10グラムのコンドロイチンで蓄えることができるといいます。人間は生まれたてのときは、水分を体の中に充分に保っているのです。コンドロイチンやヒアルロン酸の力で体の中の水分がしっかり保たれている状態は、赤ちゃんのすべすべの肌や若い人のしみやしわのない肌を見れば、よくわかるでしょう。

年齢とともに体の水分は失われていくため、肌は乾燥しがちでしわもでき、内蔵の水分も減っていき、免疫力を低下させることになってしまいます。体の水分量は若年男子で60%、女子で50%程度です。しかしそんな若いときはたっぷりある水分も歳とともに減っていき、25歳を越える頃からいわゆる老化が始まるようになります。年齢も60歳を超えると、水分量は減少して男性で50%、女性で45%までになります。この事実は体にあるコンドロイチンが、歳をとるにつれ減っていくことと深い関係があります。

コンドロイチンは20歳頃から減少し、50歳頃には必要量の1/20までも落ちるようです。体の中の水分が減ってしまうと、皮膚に弾力がなくなるばかりでなく、血液循環や臓器の働きにも悪影響を及ぼします。いつまでも健康で長生きしたいなら、体の水分を失わないですむようにするべきかもしれません。

 

フラコラ500とフラコラコラーゲンバー

そのサクサク感とシットリ感が魅力のフラコラコラーゲンバーという商品は、フラコラ500の関連品ですが、これは玄米フレークが入ったバーで、その食感がなかなか好評のようです。1日に必要なコラーゲンは10,000mgとなっているので、1本に2500mgのコラーゲンが入っているフラコラコラーゲンバーだと、4枚ほどを食べるといいということになります。朝昼晩にフラコラコラーゲンバーを1本ずつ、フラコラコラーゲンバーなら簡単にコラーゲンを摂ることが出来ますよね。フラコラコラーゲンバーは個包装されているので、いつでも携帯して取り出して食べることができ、その気軽さも魅力でしょう。

フラコラコラーゲンバーに美肌効果があるのはフラコラ500にも劣らないほどで、フカヒレのコラーゲンをはじめ、ビタミンC、エラスチン、シルクアミノ酸、それからスターフルーツの葉エキスなどが配合されています。このような美容成分が働いて、コラーゲンの力を支えているのです。最近少しはスーパーなどで見ることのあるスターフルーツは、切り口が星型になることがその名前の由来の、熱帯アジア産の果物です。このスターフルーツの葉エキスにはフラボノイドがあり、このフラボノイドが抗酸化作用の役目をしたり、血行を促進し、血管も強化し、また動脈硬化や花粉症にも効くとまでいわれている優れた美容健康成分です。血行を促進したり動脈硬化にまで聞くことは、肌にとっては大変役にたつ力なのです。

極めて微量でも力を発揮することのできるこの成分は、フラコラ500には含まれていないため、フラコラコラーゲンバーにとっては大切な成分になっているのです。ともに気軽に楽しみながら簡単に摂れるダイエット商品だということで、このフラコラ500とフラコラコラーゲンバーは人気なのです。腹持ちがいいかということを考えると、フラコラコラーゲンバーの方が勝るので、ダイエットをサポートするためには力になるかもしれません。